バッティングの種類、練習方法

あのデーブ大久保氏も大絶賛!
元PL学園~読売ジャイアンツの橋本清が最短で上達
できるピッチングのノウハウをついに大公開
www.pitching-master.com

野球素人のお父さんでも出来る!
お子さんにヒットを打たせたいお父さんに元阪神タイガ
ースドラフト1位の元プロが伝授
best-batter.co.jp 


ピッチング球速10km/hアップ保証!
球速140km/hまでは正しいトレーニングで誰でも到達。
必要
な全てをこのプログラムで強化&改善
www.10km-up.com

元プロ野球選手強打者が教える
1日10分程度の練習で飛距離がぐんぐん伸びる7日間
スラッガー養成プロジェクト
best.slugger.co.jp
バッティングとは バッティングの種類、練習方法

バッティングとは、野球において打者が投手の投球をバットで打つこと、およびその方法である。日本語では打撃とも呼ばれる。

目次

    * 1 概要
    * 2 バッティングにおける戦術
    * 3 広角打法
    * 4 用語
          o 4.1 スタンス
          o 4.2 スイング
    * 5 練習方法
    * 6 特徴的な打法

概要

投球により三振(アウト)になることを防ぎ、かつ安打(ヒット)や本塁打(ホームラン)によって得点するために行われる。

右打者を例にとって説明すると、打席の中で体の正面がホームベースに向くように足を置き、バットのグリップのうちグリップエンド側を左手、ヘッドに近い側を右手で握り、グリップが右肩の前方、ヘッドが後頭部の上方に来るように構え、投手の投球に対して最短距離でバットを振り下ろし、投手方向に投球を打ち返す。投手の投球に合わせて左足を軽く上げ、タイミングを取ることが多い。左打者の場合は左右が逆になる。

バッティングにおける戦術

バッティングにおける戦術には、次のようなものがある。

ミート打法
    ボールを遠くに飛ばすよりは、バットに当てることを念頭にスイングする。

強振
    ボールを遠くに飛ばすために強くスイングする。

カット
    2ストライク後の安打が困難なストライクゾーンへの投球に対して、三振を避けるためにファウルボールを狙ってバットを当てにいく。

センター返し
    打球をセンター方向(特に投手)めがけて打ち返す最も基本となるバッティング。
流し打ち(右打者が右方向へ打つ場合「おっつけ」と表現することもある)
    右打者の場合は特に右打ちと呼ぶ。ファウルボールになることを狙って相手投手の投球数を増やすためにも有効な技術である。一塁に走者がいる際に、併殺打になりにくいように右打者が一・二塁間に打球を狙い打つ際にも要求される技術となる。一般に、右打者がライト方向に、左打者がレフト方向に打つことをひっくるめて流し打ちと呼ぶことが多い。

引っ張り
    スイングの開始を早くし、ボールを早い段階で打つ技術。球威に負けない強い打球を打てるという優位性が見込まれる。早い段階で打つため、右打者ならレフト方向、左打者ならばライト方向への打球が多くなる。一塁に走者がいる際に、併殺打になりにくいように左打者が一・二塁間に打球を狙い打つ際にも要求される技術となる。引っ張り専門のバッターをプルヒッターと呼ぶ。

広角打法
    センター返し、引っ張り、流し打ちをバランスよく持ち合わせ、打球方向に偏りが無い高度な打撃技術は広角打法と呼ばれる。

バント
    バットをホームベース上で止めた構えからボールをバットに当て、ボールを軽く転がす戦術。日本語では犠打とも呼ばれる。多くの場合は走者を確実に進塁させるために行う。通算犠打数の世界記録は川相昌弘の533。

バスター
    バントの構えから、投球と同時に通常の構えに戻して打つ戦術。野手が極端な前進守備を敷いたためバントが困難な場合や、打者が投手とのタイミングを合わせ難い場合、バントと見せかけて相手の集中力を乱したり守備隊形を崩したりする場合などに行われる。バントと見せかけることによってバッターの打ちやすい球種を投げさせる狙いで用いられることもある。

エバース
    バントの構えから、バットを引いて投球を見送る動作を指す。バントをするつもりだったが投球が明らかなボールであったり、カウントが0-3になり見送るつもりでバントの構えをする際に用いられることが多い。この名称はあまり一般ではない。

ヒットエンドラン
    投球と同時に走者をスタートさせ、打者は必ずバットにボールを当てて進塁打を狙う戦術。バント、バスターなどと組み合わせて使用される場合もある。

ランエンドヒット
    ヒットエンドランと同様に走者をスタートさせるが、打者は投球を見てスイングするかしないかを選択する。スイングした場合はヒットエンドランとほぼ変わりないが、打者が投球を見送った場合は走者が盗塁を試みただけになる。走者が盗塁失敗に終わるリスクを抱えているため、この戦術を用いる際は走者がある程度の走力の持ち主であることが多い。

広角打法

広角打法(こうかくだほう)とは、野球における打者の技術の一つである。もともとは、広角に打ち分ける技術の高かった張本勲の打撃の代名詞だった[1]。現在では広角に打ち分ける打撃技術の呼称として使われている。

ビデオゲームにおける広角打法

実況パワフルプロ野球では、「強振でボールを流し打ちした時でもパワーが落ちない」特殊能力として広角打法を設定している。プロ野球スピリッツでも同様に広角打法が設定されており、この能力を持つ選手はパワーに対して長打力が高くなっている。

用語

スタンス

スタンスとは、バッティングの構えにおける体の方向のことである。次の3種類がある。

スクエアスタンス
    基本の構え方とされる。足の爪先を投手と捕手を結ぶ線に合わせて、体が正面(ホームベース側)を向くように構える。

クローズドスタンス
    投手側の足をホームベース寄りに踏み出して構える。体の開きを抑えることができるため、センターや流し打ち方向に強い打球が打てる[2]。

オープンスタンス
    投手側の足をホームベースから遠ざけて構える。投手の投球が見やすく、引っ張り、流し打ちのどちらにも対応できる。

スイング

バットを振ることをスイングという。

レベルスイング
    水平にバットを振るスイング。基本のスイングとなる。水平に振ると表記しているが、打ちに行く際のバットを持ってくるトップの位置は肩ぐらいの高さであるため、実際にはバットは振り下ろし、インパクト後にやや振り上げるように見えることが多い。

ダウンスイング
    バットを上から下へ振り下ろすようなスイング。叩きつける打球を打つのに適している打法。上手にミートすると強烈なバックスピンがかかってライナー性の打球が飛ぶ。ミートが甘いとゴロを打ちやすい。

アッパースイング
    バットを下から上へ振り上げるようなスイング。振り上げる動作はボールにインパクトする前より始まっている。打球を遠くへ飛ばすのに適し、特に低めの落ちる球を長打にするのに適した打ち方である。ミートが甘い場合、特に高めの直球はフライを打ち上げやすい。日本では良くない打法という先入観が根強い。一般に、バットを構える位置はミートポイントより高いため、下方からボールを捉えるアッパースイングは、レベルスイングに比べてミートまでに余分な軌道が発生しやすく、その分振り遅れやすい。

MLBのスラッガーにはアッパースイングの打者も多いが、非力な日本人には合わないとされる。日本の少年野球等ではダウンスイングが推奨されることが多い。

練習方法

バッティングの練習方法には次のようなものがある。

素振り
    もっとも基本的な練習。スイングのスピードアップや、トップ、スタンスの位置などを決めるのに最適である。中・上級者でもこの練習をあまりに怠ると、フォームを崩しやすくなる。

トスバッティング(ペッパーゲーム)
    近距離からボールを投げてもらい、ワンバウンドで相手に打ち返す練習。

ティーバッティング
    棒(ティー, tee)の先端にボールを乗せ、それを打つ練習方法。

セットアップ・ティーバッティング
    斜め下から軽くボールを放ってもらい、正面に打ち返す練習方法。[3]

フリーバッティング
    打撃投手の投げるボールを打ち返す練習方法。

シートバッティング
    投手および守備に付く野手を実戦に近い形式で配置して行う練習方法。

特徴的な打法

バッティングの構え方やバットの振り方には個人差があり、特に個性的なものには「○○打法」などの名称がつけられている。以下に主立ったものを挙げる。

    * 一本足打法(フラミンゴ打法)
    * 神主打法
    * 振り子打法
    * すり足打法

    剣道のすり足の様に足をバッターボックスですりながらトップを作る打法。速球にも対応できるが長打が出にくくなるため、アベレージヒッタータイプの打者が主に使う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あのデーブ大久保氏も大絶賛!
元PL学園~読売ジャイアンツの橋本清が最短で上達
できるピッチングのノウハウをついに大公開
www.pitching-master.com

野球素人のお父さんでも出来る!
お子さんにヒットを打たせたいお父さんに元阪神タイガ
ースドラフト1位の元プロが伝授
best-batter.co.jp 


ピッチング球速10km/hアップ保証!
球速140km/hまでは正しいトレーニングで誰でも到達。
必要
な全てをこのプログラムで強化&改善
www.10km-up.com

元プロ野球選手強打者が教える
1日10分程度の練習で飛距離がぐんぐん伸びる7日間
スラッガー養成プロジェクト
best.slugger.co.jp

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

--