ピッチングコントロールをよくする方法 子供でも効果的に出来るテクニック2

あのデーブ大久保氏も大絶賛!
元PL学園~読売ジャイアンツの橋本清が最短で上達
できるピッチングのノウハウをついに大公開
www.pitching-master.com

野球素人のお父さんでも出来る!
お子さんにヒットを打たせたいお父さんに元阪神タイガ
ースドラフト1位の元プロが伝授
best-batter.co.jp 


ピッチング球速10km/hアップ保証!
球速140km/hまでは正しいトレーニングで誰でも到達。
必要
な全てをこのプログラムで強化&改善
www.10km-up.com

元プロ野球選手強打者が教える
1日10分程度の練習で飛距離がぐんぐん伸びる7日間
スラッガー養成プロジェクト
best.slugger.co.jp
ピッチングコントロールをよくする方法 子供でも効果的に出来るテクニック2

ピッチングコントロールをよくする方法(子供でも効果的に出来るテクニック2)としては、

1.キャッチボールをきちんとする。

ピッチングのコントロールをよくするためには、キャッチボールをきちんとすることです。
キャッチボールはただの肩慣らしではありません。

キャッチボールをする時は、集中して、一球目から、真剣になげることです。

キャッチボールは、まず、近距離から始めて下さい。近距離からのゆるいボールでも、集中して投げて下さい。

少年野球もそうですが、子供のうちは、だらだらとキャッチボールをしてしまいがちですが、真剣に集中して投げて下さい。

その時、手の振りはどうか?、体重移動はどうか?、リリースポイントはどうか?、など、頭で考えながら、きちんと投げて下さい。

コントロールをよくするためには、相手の胸を正確に狙って投げて下さいね。相手が取れる範囲でいいといった考えで投げるのではなく、1ミリも狂わせないぐらいのつもりで、投げて下さい。

そうして、徐々に距離を伸ばしていって下さい。いきなり、長い距離で、早い球を投げることは、肩に負担をかけやすく、故障の原因になります。

もちろん、キャッチボールには、肩慣らしの目的もあることを忘れないで下さい。

距離を伸ばしていっても、同じように集中して、頭で考え、フォームをチェックして、全神経を注いで、胸に向かって投げて下さい。

見違えるほどのコントロールが身に付いてくると思います。

あのデーブ大久保氏も大絶賛!
元PL学園~読売ジャイアンツの橋本清が最短で上達
できるピッチングのノウハウをついに大公開
www.pitching-master.com

野球素人のお父さんでも出来る!
お子さんにヒットを打たせたいお父さんに元阪神タイガ
ースドラフト1位の元プロが伝授
best-batter.co.jp 


ピッチング球速10km/hアップ保証!
球速140km/hまでは正しいトレーニングで誰でも到達。
必要
な全てをこのプログラムで強化&改善
www.10km-up.com

元プロ野球選手強打者が教える
1日10分程度の練習で飛距離がぐんぐん伸びる7日間
スラッガー養成プロジェクト
best.slugger.co.jp

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

--